私の妊娠・出産Life!

私は26歳で念願の初妊娠をしました。彼とは8年付き合っていましたがなかなか子供ができず、不妊治療の病院に通い調べた結果、彼は異常なく私に原因が。卵管が詰まっている可能性があるとの事で卵管造影を行い、無事に詰まりは取れ、自然妊娠に成功。

2016-06-16_143108

しかし、すぐさまつわりが始まりました。食べないと気持ちが悪くなる「食べづわり」、吐かないとすっきりしない「吐きづわり」両方あり、毎日地獄の日々だと思いました。そんな中でも勇気づけられたのは、健診の度にもらう赤ちゃんのエコー写真。1人じゃないんだとと励まされました。

4ヶ月にはつわりはおさまり、この頃から周りに「今から妊娠線のケアをしないと大変だよ」と言われていましたが、面倒くさがりの私はこの忠告を無視。(結局、出産後に皮が伸び、妊娠線が太ももまでできてしまいケアしなかった自分を後悔しました。)それ以来、周りには妊娠線のケアを勧めてまわっています。

お腹が大きくなる8ヶ月には、足の爪を切ったり靴下を履くのがとても大変でした。無理はしないで旦那さんのサポートが必要だと感じました。

38週で無事に自然分娩で出産しましたが、出産後は毎日2時間置きの授乳に寝不足の日々。出産祝いのお返しも買いに行くことができず、遅くなったお返しを渡すのが恥ずかしかったです。出産前に準備しておくべきだったと反省しています。また、出産後は赤ちゃんの世話でなかなか自分の事ができないので、自身の歯医者や病院なども出産前に済ませておくのが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です