二人目不妊でストレスを感じました

私は一人目はほしいと思って妊活をしてからわりとすぐに授かっていて、自分が不妊だとは思いませんでした。しかし二人目を考えてからしばらくしても妊娠することができず、病院にかかった結果排卵障害であることがわかりました。

基礎体温をつけて自分でも排卵していないのではないかという不安を感じていましたが、病院で内診をして排卵をしていないことが確認された時にはショックでした。排卵をしないままでタイミングをとっていても、妊娠する可能性がないからです。

医師からはルトラールという子宮の環境を整えて生理を起こす薬と、排卵誘発剤であるクロミッドが処方されて様子を見ることになりました。いきなりの不妊治療になってしまい、心の準備ができてませんでしたが、これを飲んだら大丈夫かなという風に思って過ごしました。

しかし内服をしても1周期目も、2周期目も、3周期目も排卵が確認できずに、いつになれば排卵が起こるのだろうか、33歳という年齢でこの先治療をして結果が出るのはいつだろうかという焦りを感じました。生理が来るたびに落ち込んでしまっていて、不妊治療の辛さに直面しました。亜鉛不足が子供ができない理由だったのかもしれません。

私は結果的に排卵誘発剤の注射に切り替えて妊娠できましたが、これでできなかったら人工授精をするか、体外受精をする費用はあるのか、それとも子どもをあきらめようかということを考えに考えて悩みました。費用的な面もありますし、不妊治療はどこまででもできるわけではなく、妊娠している人を見るとうらやましいという思いが込み上げてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です