セルライトの除去のための満足できるセルフケア

セルライトの除去って難しいですよね。

気付くと身体にたくさんついていて、肌の質感が分厚く固い感じになっていたので、これはだめだと思い沢山の人にアドバイスを頂きました。

友人はエステに行ってセルライトを除去してもらったそうですが、話を聞くと「耐えられないほどではないけど、痛かったよ」と言っていたので、痛がりの私は自力でなんとかしようと思いました。まずは毎日ストレッチを、朝と思いついた時にするようにしました。そして、夜は水分をいっぱい取りながら熱めのお風呂(38~40度)につかりながら出来る範囲でマッサージしたり、湯船で身体を動かしたりします。

とにかく身体中をたくさん温めて、ぽかぽかにするイメージです。マッサージをしていたりすると、長風呂になりがちなのでお風呂場にも水分を持っていきます。そしてお風呂から上がったら、温感マッサージクリームの洗い流さないタイプ(市販のもので、温感タイプが私はベストでした)を塗って、リンパを中心に、セルライトのある部分をマッサージします。セルライトがある部分は少し強めにマッサージしますが、セルフマッサージなので力の加減は自由です。

そして、マッサージの時に欠かせないのが、温かい飲み物です。入浴中や前も飲み物は多く取りますが、入浴後のマッサージでは私は温かい紅茶を飲むようにしていました。そのほうが、利尿作用が高いからです。全身くまなくマッサージした後、尿として排出してしまうためです。

これをすると、老廃物が身体から出る上にマッサージとでお肌はもちもちです。お風呂で身体を温めたことによって、固かったセルライトも少し柔らかくなっています。

他には、猪苓湯(膀胱炎やむくみなどに効果があるもの)という漢方を飲んで、とにかく身体に老廃物をためないことを意識しています。

どちらも1年前ぐらいから始めて今も続けていますが、何もしなかった1年前よりも明らかに肌の質感が違います。セルフなのでセルライトを全て除去するのは1年間では難しいようですが、セルライトを作りにくい身体にすることと、できてしまったセルライトのケアをすることによって、以前よりも綺麗な身体が維持できていると思います。

私はセルライト除去 クリームを使ったセルフケアでとても満足しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です